人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ピアノの補助ペダルのセッティング

以前、発表会で補助ペダルを使った時、
補助ペダルが外れてしまい、
生徒にかわいそうなことをしてしまった事がトラウマになって
補助ペダル恐怖症になっていました。

それに今まで誰も補助ペダルのセッティングとか
習ったこともなく(みなさんそうですよね)
不安で不安で・・。

そこで新しい補助ペダルなら、重さもあり、
最新のものだと大丈夫だろうと購入に踏み切りました。

ところが新しく購入した新品のペダルなのに、
ペダルを踏んでピアノを弾いている途中から、キイキイ音がしだしたり
ペダルが踏んだままの上体で上がってこなくなったり
生徒からは「このペダル、硬いよ・・」と言われてしまうありさま。
とうとう日頃お世話になっていますピアノの調律の方に
メールでお問い合わせをしました。

お返事メールには次のような事が、書かれてありました。
<みなさん、メモ メモ!>

018.gif補助ペダルのセッティングのコツは機種にもよるのですが、

補助ペダルの金具とピアノのペダルの接点に,

ほんの少し,あそびが有る状態にセッティングすると

スムーズに動作します。

018.gifまず① 弾く人の足を足台の置き、足台の高さを調整します。
 
② 次に、金具の調整ねじを緩めた状態で、ピアノのペダルの上に置き、調整ねじを締めます。

③ 次に、補助ペダルの高さをほんの少し上げると、少しだけあそびが出来て、良い調整になると思います。

※ 補助ペダルの高さを調整できない機種の場合は、
補助ペダルのペダルを手で押しながら、あそびを確認しながら金具を締めて下さい。

これを参考に、何度もピアノの補助ペダルのセッティングをやって
発表会本番までに自信を付けたいです。
by youko-piano | 2008-08-07 01:51