人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:本・楽譜(曲)の解説( 9 )

卒業ソング

卒業ソングのランキングサイトに

063.gif 「卒業の歌」人気曲投票ランキングが載っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

063.gif総合1位は、ユーミンの『卒業写真

063.gif2位が、海援隊の『贈る言葉

063.gif20代女性の第一位は、中島美嘉の『桜色舞うころ

063.gif10代男性の第一位は、スピッツの『空も飛べるはず

どれも後世に歌い継がれる曲ですね。
by youko-piano | 2012-03-20 16:43 | 本・楽譜(曲)の解説
063.gif大学で「授業」を受けて、学食で「日替わり定食」を食べて
  「図書館で過ごす」のが、毎週の日課になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
063.gif7月に自宅でのピアノのレッスンがお休みの日があり
  図書館で、ゆったり過ごしました。

063.gif図書館だけが、夏休み期間中にあたっていたので
  ピアノのレッスンに関する本を5冊、なんと9月まで借りることが出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
063.gifまあ借りて読んで、9月に返却すればいいわ!と
  思っていたのですが
  借りた5冊の本の中に
  藤 拓弘 著 「成功するピアノ教室」 ¥1680 があり
  読んでいくうちに、今の私にすぐ実践できる、役に立つことが
  分かる伝わる文章で、たくさん書かれてありました。

お勧めの本・・・藤 拓弘 著 「成功するピアノ教室」 ¥1680 _f0163730_221822.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
063.gif実は、家の本棚、満杯なんですよね。
  ですから、本音は、もう余程の本ではない限り、
  購入したくない!
  だって、本棚に納めるスペースが・・・・・。

063.gifでも、この本は、ピアノを教え始めようかなあ~と思われている方
  現在、ピアノを教えていらっしゃる方には
  とっても、とっても、買って損はしない、超お勧めの本なのです。
by youko-piano | 2010-08-08 02:29 | 本・楽譜(曲)の解説
手ごろに作曲家の顔写真が見れる本_f0163730_23435090.jpg
先日、PENの研究会がありました。

いつものごとく、誰ということなく、お勧めの新刊のピアノの本や
お勧めの資料、発表会のプログラム、コンクールなどの話題と
本題以外に持ち寄るのがいつもの光景です。

前回に、私がレッスンの時、その作品の作曲家について
手ごろにパッと顔写真や簡単なプロフィ-ルがわかる本が
あったら便利なんだけどねえ・・・と言ったのを覚えていたよ!
これどう!とK先生が持ってきてくれた本がこの本です。
手ごろに作曲家の顔写真が見れる本_f0163730_23451953.jpg
ソナチネに出てくる作曲家などの顔写真が載っているのが
親近感が持てておもしろいです。
¥800くらいだったと思います。

教室に1冊あれば、便利ですね。
by youko-piano | 2009-09-14 23:46 | 本・楽譜(曲)の解説
063.gif新聞に「子犬のワルツ」が取り上げられていました。

 子供たちが弾きたい!とあこがれる曲ですね。

 曲の解説が、わかりやすく書かれてありましたので、ここに紹介します。

子犬のワルツ(ショパン)_f0163730_22201378.jpg
「子犬のワルツ」(ショパンは、「ピアノの詩人」と呼ばれています)

子犬のワルツ(ショパン)_f0163730_2220372.jpg


063.gifショパンのピアノ曲「作品64-1」は=別名「子犬のワルツ」
  言われています

063.gif1846年にショパンが作りました。

063.gifこの曲は、当時ショパンの恋人(作家のジョルジュ・サンド)が飼っていた
  子犬をヒントに書かれました。

063.gif恋人の愛犬が、自分のしっぽを見て、
  しっぽ(子犬は、自分のしっぽだとわかっていなかった!)を追いかけ、
  くるくる回ったり、止まって息を整えたり、しっぽの様子を伺ったり、
  ねらいをさだめたり、愛らしい様子を曲にしたものです。


063.gif「高音で速いタッチのメロディー」は、子犬がくるくる回りながら、飛び跳ねる
  細やかなステップをあらわしています。

063.gif子犬のワルツは、小品ですが、集中力と高度なピアノテクニックを必要と
  する曲です。

063.gifその他の作品・・・・・「幻想即興曲」「雨だれの前奏曲」があります。

063.gif恋人(作家のジョルジュ・サンド)との恋は、10年間で破局を迎えて
  しまいました。
by youko-piano | 2009-05-05 22:26 | 本・楽譜(曲)の解説
058.gifバイエル95番です

この曲は

ハ長調 8分の3拍子 Allegretto (アレグレット 少し速く弾きます)
 ※8分の3拍子とは・・・・・1小節の中に、8分音符が3つ分入っているという意味です

  8分のときたら、8分音符が基準の曲なので、少しはやく弾きます

①mf(ややつよく・・・ふつうに弾きます) ⇒②クレッシェンド(だんだん大きく)⇒③f(強く・曲の山です 1番いいたいところです)⇒④デクレッシェンド(だんだん小さく)⇒⑤P(弱く)

この曲の目的は、
  ① 右手6度音程の二重音(にじゅうおん)をムラなく、
  ② また腕の移動をスムーズに行えるようにです

  6度とは音符と音符の距離のことを言い、
  例、ソミなら、ソ から ミ までの距離のことです。
  指を折って数えてみると、ソラシドレミ  つまり6 その後 度 をつけます)

063.gif曲解説
1、右手ミミミミーやレレレレーなど、付点8分音符が短くならないように、気をつけましょう

2、左手ドミドソーなど左手のメロディーも歌わせて弾きましょう
  
  左手だけも歌わせる練習しましょう

3、4小節目の左手ソは、4の指に指かえ、しましょう

4、5小節目と15小節目の左手ドーうんの8分休符は、手の位置を移動させるための休符です

5、6小節目~11小節目の左手は、タイ(となりどうしの音が同じ音で線で結ばれている
  ところ)2箇所あります
  
  ドミ#ファソーファレドーミドソーと弾きます
  ドミ#ファソーソファレドードミドソーは、間違いですよー

6、19小節から f(フォルテ)に向かうクレッシェンド(だんだん大きく)は
  よく効かせましょう
  特に、ドレミファと メロディが上に向かいますので
  ドからファに向かう気持ちで弾きましょう

7、23小節目の左手で、4の指で弾くソは、タイです。
  ソ は、弾きなおさないで、ずっと押さえておきましょう

  練習方法・・・まず、ドシラシ だけ何回か弾いてから、次に、二重音(楽譜どおり)を
          練習するといいでしょう

8、24小節目の右手ソソ は、指かえします(3番から2番へ)
  
  また3番のソより、2番のソの方を小さく、重たくならないように気をつけて弾きましょう

9、最後のテーマ 右手ミミミミーと左手のドの弾き始めは、柔らかく入りましょう

10、曲の終わりは、静かに終わりましょう
by youko-piano | 2009-02-05 14:26 | 本・楽譜(曲)の解説
058.gifバイエル78番(バイエル)です。

1、この曲は、3つの部分に分かれる、いきいき、はつらつとした曲です
  ト長調(リズムがはっきりしてて,軽快な感じ)→
→ニ長調(左手保持音が出てきて、ワルツを踊っているような、クルクルと優雅に回る感じ)
 →ト長調(リズムがはっきりしてて,軽快な感じ)

2、最初のト長調の部分は、2重人格の部分です。
 
 ・私は、ソソソソ/シシシシ は、パンツをはいた元気な子だよ!
 ・シラミソ#ファレラソレシ は、スカートをはいたおとなしい子だよ!
  と教えています<パンツとスカート>
  
  パンツをはいた子のソソソソは、叩かないで
  (叩きつけると音が割れますよ~)
  
  力の落とし加減をうまくすると、音の響きの波綻がなくなります
  
3、ソソソソの最後のソの音と
  シシシシの最後の音が長くなりやすいので
  どの音も同じ長さになるように、注意しましょう

  シシシシの和音最後の音、もうど~でもいーや!みたいな音に
  なりやすいので、突っ込まず丁寧に。


4、左手伴奏は、右手メロディーの邪魔をしないように
  (音量の左右のバランス)
  また、左手はレガート(なめらかに弾きましょう)で

5、ソソソソ、レミファのところで
  ソソソソの最後の音は、同じ音の和音ですが、最後、閉じるように弾きましょう

6、レミファからは、ニ長調に調が変わったところです。
  別の部屋に入りますよ。
  
  レミファは音が上に向かっていますので、レからファに向かって
  行く感じを意識して弾きましょう

7、ニ長調の真ん中の部分で、右手は、歌を歌うように弾きましょう。
   
  右手だけ、クレッシェンド(だんだん強く)や、デクレッシェンド
  (だんだん弱く)の記号を見ながら、その記号の指示に沿って弾くと
  滑らかに表情つけて弾けます
  <強弱など、細かい部分まで工夫して弾きましょう>

8、左手 レ#ファラ は、音を指で押さえておく、保持音です
  難しい弾き方です。
  
  レを弾いたら押さえたまま、押さえておきます
  ラを弾いた時に、レラとなっていたら、合格です
   
  声に出して言う時は、レーファー●レラ● と歌います
  レソシ のところは、レーソー●レシ● と歌います
  ついでに レソラ のところは、レーソー●レラ● と歌います

9、 ニ長調の真ん中の部分で、#ファーラソファ/ミミファソファミ/
   レラレ#ファーミ/レレレレミファ/ソソソソまでは、
   難しい部分。
    
   部分練習しましょう。特に、片手練習は念入りに
  <指かえ・タイ>

10、P(ピアノ)の部分は、小さく弾きますが
   音が浮いてこないように、指先に重さを乗せて移動していくように
   弾きましょう

11、曲の終り2小節のPからのクレッシェンドは、十分に効かせましょう。

 
  
by youko-piano | 2009-02-01 20:56 | 本・楽譜(曲)の解説
Aちゃんがもう1曲、「トルコ行進曲」ピティナ・ステップで弾きましたので
講評用紙で褒められたことも含めて、次に弾く子のために
注意点を書き出そうと思います。

1、3つの部分に分かれます。
  1、トルコの兵隊さんが、遠くから段々近づいてくる
  2、目の前を行進する
  3、段々遠ざかっていく

2、短前打音は、トルコ軍の兵隊さんは、ハイソックスに鈴をつけていて
  行進する時に、チャリンと鳴る。その音。

3、全体をいきいきと弾こう!

4、左手伴奏は、軽やかに、重くならないで
  また行進曲の2拍子の拍感を感じて、ブン・チャッ・チャッ・チャッの1拍目の響きを
  大切にして、あとのチャッ・チャッ・チャッの裏拍は、弱く気をつけて弾きましょう。
  
5、真ん中の目の前を行進するところは、左手伴奏が大きくなりやすいので注意して

6、エンディングの ド#ドレファレシドミ/ド#ドレファレシドミ は、よく練習しよう!
by youko-piano | 2009-02-01 19:00 | 本・楽譜(曲)の解説
Aちゃんがピティナ・ステップで、バイエル55番を弾きました。
褒めていただいたことを元に、次回受けるこのために
注意点を書き出そうと思います。

1、右手メロディーと左手伴奏の音量のバランスを考えましょう。
  左手は右手の邪魔にならないように。

2、右手メロディーは、よく歌って弾きましょう。

3、中間部の ドーレドーファミーレド のところに入る時
新しい明るい場面に入ることを意識して弾きましょう。

4、中間部の ドーレドーファミーレド/ ドーレドーファミーレド と
同じフレーズが2回続くところは、聴いている人が
2回目あっ!小さくなったな!と分かるように弾きましょう。

5、曲の最後は、意識して丁寧に弾き終わりましょう。
by youko-piano | 2009-02-01 16:53 | 本・楽譜(曲)の解説
 今日、12の街角のワルツ 5番ホ短調が弾きたくて
本を買ってきました。

さてさて、中身はどんなんやろ!


ミニョーネ 12の街角のワルツ 音楽之友社_f0163730_135719.jpg 



■マリア・ジョセフィーナ・ミニョーネ
   ・ブラジルの代表的作曲家・ピアニスト(1897~1986年)

■街角のワルツ
   ・1935年~1945年にかけて作曲される。
   
   ・ブラジルへの深い国を思う気持ち、森林と熱帯の花々の
    色彩を思い浮かべさせる。
   
   ・ロマンチックで情熱的な雰囲気が満ち
    繊細な叙情的なピアノの響きを持つ、とても美しい音楽。

■No1 ・寂しげに セレナータ風に(ハ短調)
     ・ガス灯のゆらぐ街角からかすかに響いてくる、ギターの
      つま弾きの音をイメージして書かれた旋律で始まる。

■No2 ・ゆっくり そして優しく(変ホ短調)
     ◎ピアニストによって、もっとも弾かれる曲。

■No3 ・情熱的に(イ短調)
     ・演奏者に大きな恍惚感を求めている曲。
     
■No4 ・ゆったりとセレアーデ風に(変ロ短調)
     ・ワルツの寂しい雰囲気が漂う、とても美しい曲。

■No5 ・自然に歌うように(ホ短調)
     ◎シンプルな曲<私のお気に入り曲!>
     ◎小学校3~6年生・・・コンクールや発表会向き!
     ・両手で調和のとれたデザインと
      おおらかな音楽的なおもしろさを表現した曲

■No6 ・動きのあるワルツのテンポで(嬰ヘ短調)
     ◎もっとも美しい曲
     ・幻想的で、即興的な雰囲気の曲
     ・自由に優しく弾く

■No7 ・あまり遅すぎずに(ト短調)

■No8 ・田舎風ワルツのテンポで(嬰ハ短調)
     ・とても楽しいテンポの田舎風のワルツ。
     ・作曲家は、友達と過ごした若い頃を懐かしんで
      感情を込めてこの曲を弾いた。

■No9 ・(変イ短調)

■No10 ・レント ロマンティックにそして妄想的に(ロ短調)
      ・悲しみを内に秘めた、とても妄想的な曲。

■No11 ・非常にブラジル的なワルツ(ニ短調)

■No12 ・(へ短調)
      ・アンデラーデの依頼により作曲された。
      ・ピアノのすべてが融合されたブラジル風グランドワルツ。

060.gifCDあり マリア・ジョセフィーナ・ミニョーネ演奏のミニョーネのCD
by youko-piano | 2008-04-29 01:33 | 本・楽譜(曲)の解説