人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:コンクール・グレード( 4 )

電子楽器を対象にしたコンクール_f0163730_15145346.gif

058.gif楽器店の人が、下記のような内容のプリントを持ってこられました。

063.gifなるほどねえ。
  電子楽器を対象にしたコンクールねえ~。
  一つの楽器としてとらえるコンクール。
  文面を読みながら、いろいろ思いが浮かんできました。

電子楽器を対象にしたコンクール_f0163730_15251428.gif
063.gif下記が集約した内容です。

  『最近、クラビノーバで練習する生徒が増えてきました。

  クラビノーバの生徒にも、クラビノーバの良さを知ってもらいたいし、
  レッスンの張り合いも持って欲しいという思いから
  当日、クラビノーバで演奏するコンクールを開催したいと思います。


  このコンクールを通じて、あなたの奏でる音の喜びを、
  もっと身近なものにされてはどうでしょう。

  300年の歴史を持つアコースティックピアノは、
  素晴らしい表現力を持つ楽器の王様として
  世界中のたくさんの方に愛され、各会場で演奏されてきました。
  又、一方、電子ピアノは、ピアノの代替え品として生まれ約30年、
  多音色、持続音等ピアノにはない特長を備えた楽器として、
  現代では多くの愛好者を持っています。

  今回のデジタルピアノコンサートは、ピアノ・電子ピアノ
  それぞれの特長を生かす事によって、
  ピアノのレッスンやピアノを弾く生活に彩りを添え、
  より深い喜びを味わって頂くきっかけになればと
  企画致しました。

  ピアノと電子ピアノのコラボレートを、この機会に、
  ご一緒に深めていき、
  音楽の楽しさ、素晴らしさを感じていただければ幸いです』
by youko-piano | 2009-11-15 15:26 | コンクール・グレード
063.gif私は、時々、少しの努力でクリアーできるものに、挑戦させています。

  そのひとつに「ヤマハピアノグレード」があります。

  最近は、割と短い期間で受けれる Aコース ばかり受けさせています。
ヤマハピアノグレード8級 Aコース を受験して_f0163730_0502124.jpg





063.gifもうすぐ小学校の3年生になろうとしていた2年生のAちゃん。

  今回は、Aコースの8級を受け、無事合格しました。




063.gifここからは、Aちゃんとお母さんに了解を得て、書いています。

063.gif今回用意していった自由曲は、下記の2曲です。
   1、スティリエンヌ (ブルグミュラー)

   2、人形の夢と目覚め (オースティン)で、当日は、1、スティリエンヌ (ブルグミュラー) があたりました。
ヤマハピアノグレード8級 Aコース を受験して_f0163730_0511493.jpg




063.gif14番 スティリエンヌ (ブルグミュラー)の講評は 
  ● 曲の雰囲気をよくとらえた、演奏でした。

  ● スタッカートが、とても軽やかでした。

  ● 細かい音もきれいにそろえて弾けました。



次は、あらかじめ決められている課題曲より、下記の2曲を弾きます。
  (平成21年4月までこの2曲  ※平成21年5月から、課題曲は、2曲共、変わります)
1、3声のアリア (北裏恒人)

2、森のワルツ (白川雅樹)


1、3声のアリア (北裏恒人)の講評です
ヤマハピアノグレード8級 Aコース を受験して_f0163730_0521340.jpg
    ● メロディーは、よく歌って、きれいに弾けました。

    ● 曲に合った表情豊かな演奏でした。


2、森のワルツ (白川雅樹)の講評です
ヤマハピアノグレード8級 Aコース を受験して_f0163730_0531032.jpg

    ● メロディーとのバランスに気をつけることの出来た、良い演奏でした。

    ● 試験管と息の合った、楽しい演奏でした。



次に、初見演奏の問題を弾きます。

    範囲は、8小節で

    調は、ハ長調 ・ト長調 ・ヘ長調 

    拍子は、4分の4拍子 4分の3拍子 です。

ヤマハピアノグレード8級 Aコース を受験して_f0163730_054891.jpg


 問題集に載っている課題があります。
 当日は、この問題は出題されません。
  (Aコースの初見問題は、見やすいです。)

063.gifAコースの初見曲の問題集を弾かせた後、

  Bコースの9級の初見曲の問題集をさせました。


初見曲の講評です。

    ● 大変よくできました。

    ● 曲全体が、とてもきれいに流れていました。

ヤマハピアノグレード8級 Aコース を受験して_f0163730_0545790.jpg
総評
    
    ● 全体的によく練習しています。

    ● 今日は、よくがんばりましたね。

    ● これからも次級に向けて、がんばって下さい。

by youko-piano | 2009-05-19 00:55 | コンクール・グレード
今日は、001.gifヤマハグレードの日。

小学校4年生のAちゃん。
「無事、テストが終わりました」とメールが入る。

やれやれコンクールが終わり、私も一服したいなあ
通常のレッスンに返れるなあと思った矢先
009.gifお友達のSちゃんがヤマハグレードの勉強をしていると学校で聞いたとか。
中学生になると、忙しくなるので
今のうちに、何でも挑戦させたいとか。

コンクールやグレードばかりに振り回されたくない私。
では短期間で受ける!と言うことに決まり。

001.gif7級のAコースを受けることにして
初見は、出来るので、問題集だけ買ってもらって、練習する日程だけ
計画を立てて書き込んでもらって、お任せしてと。

自由曲は、今練習している060.gif「インベンション」と
ギロックから、今まで弾いた曲の中から好きな曲ということで
060.gif「雪の日のソリのベル」に決定。

あと1曲、私は短めに曲で済ませたかったのに
お母さんが、ショパンの曲をと言われて
まだショパン未経験なんだけど、まあ弾ける範囲の曲を広げるために
挑戦曲として060.gif「ワルツ集から1曲」

ショパンのワルツ集を買っていただいて
フロッピーと過去弾いた子の注意点を書き込んだ楽譜のコピーを
渡して。
どうにかこうにか、形になったけど、まだまだの状態で時間切れ。
試験当日。

058.gif「曲は、インベンションと雪の日のソリのベルと課題曲でした。
初見も簡単でした。」
演奏については、注意点もなく、誉められました」というメールにホッ!

7級レベルで、ショパンのワルツなんて当たらないよね。
きっと!と思ってはいたけど、内心もしかして・・・。
当たらなくて良かった良かった!と思いきや。

「明日は、学校の音楽の時間にワルツを弾くみたいなので、
がんばって弾くと言っています。」

えっ!結局ひくんかいな!
あーーー。
by youko-piano | 2008-12-21 23:30 | コンクール・グレード
 お友達の先生の生徒さんが出演されるので、
応援方々、コンクールに行って来ました。

 印象に残った曲は
幼児の部では→●「カンツォネット」 <ネーフェ>

小学校1・2年生の部→●「ソナチネ」 <L.ベルコヴィチ>
               ●「スタレガ・ラプソディ」 <平吉毅州>

小学校3・4年生の部→●「子供のための6つの小曲集より1、夢」 <カバレフスキー>
               ●「ロンドダンス」 <カバレフスキー>
               ●「赤い月とこびとの踊り」 <平吉毅州>
               ●「いさましい踊り」 <鈴木憲夫>
               ●「パッヘルベルのカノン」・・変奏されていました<ヨハン・パッフェルベ                ル>
               ●「おどりとうた」 <中田喜直>

小学校5・6年生の部→●「ルーマニア民俗舞曲」 <バルトーク>

056.gif発表会で年齢が高いのに弾けない子(その曲の本来のテンポでは無理としても少しくらいならゆっくり弾いてもサマになる曲)
◎「フラメンコ」<ギロック>
◎「魔法の木」<ギロック>
◎「ワルツ イ短調 遺作」<ショパン>

056.gif思ったこと
●その子の能力にあった、身の丈の曲で、余裕が持って表現できるくらいの曲がいいですね。
 選曲で、アップアップは、かわいそう。

●曲にあったテンポで弾く。
 カーレース?
 ゆっくり過ぎて・・・曲名変えようか!

●フレーズの終りの処理の仕方と終わり方は大切。
 おーい!もう椅子から降りるのかい。余韻に浸っていたいんだけど。

●音がにごっている
 録音してみると、自分の音が分かるんだけどなあ。

●自分の音が聴けている演奏、自己主張がある演奏は、聞き手を引き込む。

●弾きなおしをした人が多かったです。
 そこで音楽が止まってしまいます。少々のミスタッチは、そのまま弾きましょう。

●椅子の後ろまでドカッ!足台に足はかろうじて届いています。
 ピアノは、相撲取りがしこを踏むように、腰で構えて弾くのです。
 これでは、表現ができないなあ。

●子供は、素敵なドレス。足台を持ったお母さん、家着(いえぎ)のまま登場。
 なんだか子供とお母さんがアンバランス。

たくさん思ったことを書きましたが
私の生徒にも、そんな子やお母さんいるような・・・。
改善せねば。


 

 
by youko-piano | 2008-09-23 23:56 | コンクール・グレード