人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:研究会・セミナー・レッスン受講( 28 )

063.gif先日、PENのピアノの先生方と、ギロックのレクチャーに行ってきました。

063.gif休憩中、隣りのA先生とお話していて、

「最近、ピアノのセミナーに行くと、30代や40代前半の若い先生が大方。
 なんだか、場違いって感じの時、あるんだよね!」と言ったら

 娘さんが音楽関係の大学の院に入学したA先生、

「大学でたての20代の先生って、何を教えたらいいか
 どこが自分の指導上、足りないところか、わかってないのよね


 だから、20代の先生って、セミナー少ないんじゃない」

063.gifおいおい、50代の先生の事、言ってんだけど!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
063.gifでも、先日のギロックのレクチャーをされたI先生も
  ピティナーの件で来られたN先生も
  曲解説の言葉がツボにはまっている。

063.gif遠方だけど、いつかセミナー聞きに行きたい!

063.gifA先生から「相変わらず、フットワーク軽いね!」と言われてしまった。

  あはは・・・。
by youko-piano | 2012-04-03 02:12 | 研究会・セミナー・レッスン受講
バッハも弾いた「チェンバロ」って、こんな楽器!_f0163730_1338866.jpg

063.gif先日、B-テックス大阪スタジオで、
  ケマル・ゲキチ先生の公開マスタークラスの聴講セミナーに行ってきました。
バッハも弾いた「チェンバロ」って、こんな楽器!_f0163730_1342538.jpg

063.gifレッスンを受けられる人は、海外へ留学経験がある人が多く
  通訳を介さず、直接、ゲキチ先生と会話される方が多く
  演奏も熱の入ったもので、集中力といい、演奏の素晴らしさといい
  いくつになっても勉強、すごいなあ~。

063.gif音楽やピアノの世界の奥深さを改めて、感じました。

バッハも弾いた「チェンバロ」って、こんな楽器!_f0163730_13384566.jpg

063.gifフロアーには、チェンバロも置かれてありました。

バッハも弾いた「チェンバロ」って、こんな楽器!_f0163730_13393925.jpg

063.gif蓋の中は、ほんとうにきれいでかわいく装飾されてあります。

バッハも弾いた「チェンバロ」って、こんな楽器!_f0163730_13403534.jpg

063.gif鍵盤は、ピアノが白い鍵盤に黒い鍵盤なのに対して
  チェンバロは、黒い鍵盤に白い鍵盤です。

063.gif以前、生徒にチェンバロについて話しましたが
  再度、鍵盤のピアノとの違いを見てほしくて、チェンバロの写真を撮って帰りました。
by youko-piano | 2011-12-17 13:43 | 研究会・セミナー・レッスン受講
習い始めて間がない小さい生徒さんに、大切なことは
1、音楽を感覚で捕えること。

2、楽譜と仲良くなる為の方法を、身につけること。

だそうです。

方法として、
◆1、曲に歌詞をつけてあげる。
  (先生でもいいし、親子で相談しながらでもOK!)

  注意 その1、「同じ音型には、同じ歌詞をつける」

※ある先生は、
1、歌詞を覚えて、先生と生徒と一緒に歌を歌う。

2、階名で歌わせて、覚えさせる。

3、それから初めて、楽譜を見せる。

◆2、楽譜を色分けして、視覚から入る。

わかること
どことどこが、同じフレーズか

同じフレーズが何回出てくるか

シールなどを使って、部分わけする

曲のアナリーゼが出来る。





  
by youko-piano | 2011-12-06 00:50 | 研究会・セミナー・レッスン受講
063.gif電車に乗って、ピアノの先生の集まりである「ピアノ研究会」に行ってきました。

063.gifテーマは「バッハインベンション」について。

063.gif持ち寄った本を比べて、トリルやスラーの書き方や終わり方の音符など

  比べて気がついたことを発言していきます。

063.gifまたバッハコンクールの曲について、弾き方などの解釈について

  また一般の生徒について、教え方について

  曲に対する解釈の違い

  誰の演奏のCDが良いか

  バッハのセミナーで言われたこと

  コンクールやセカンドレッスンを受けさせて、思ったこと

  バッハが使って作曲したチェンバロについて・・・だからここは、こう解釈するとか・・・。

  弾かせたい曲とか、弾きやすい順番に与える曲番号とか

063.gif今日は、15名のピアノの先生がお集まりで、1人ずつみんなの前で意見を述べるので

  バッハやこの2声のインベンションについて、さまざまな意見が出ました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

063.gifさてさて、ここで一口メモ 

      その1

       ・インベンションの曲は、バッハが息子にチェンバロを練習させる時の教材と

        して作曲したものなんですよ!

      その2

       ・バッハは、ピアノではなく、チェンバロを使って作曲しました。

      その3

       ・チェンバロという楽器は、鍵盤の作りがピアノと正反対。

        つまり黒い鍵盤に白い鍵盤で作られている。

      その4

       ・ チェンバロは、2段楽器。

       ・下鍵盤を弾くと、自然に上鍵盤も動き、多い音がします。

        でも上鍵盤を弾いても、下鍵盤は動かないので、上鍵盤を弾く時は

        必然的に音は、小さくなります。

       ・バッハが作曲に弾いた楽器の構造がわかって楽譜を見ると

        ここの音量はどうかがわかってきます。

      その5

       ・インベンションで弾かせやすいのは、1番・4番・8番です。

      ※話し合われた、ほんの1部分ですが、ご参考までに、どうぞ!
by youko-piano | 2011-11-16 14:00 | 研究会・セミナー・レッスン受講
昔、セミナーに行って、書き込んだバインダーを
たまたま見る機会がありました。

読みながら、いいこと書いてるじゃん!と改めて、内容を認識。

063.gif子供の心をキャッチ

063.gif「ホイ!」の掛け声をして、気持ちを前に向かわせる。

063.gif「ユーチューブ」で検索して、曲にまつわる画像など目で見せて

  雰囲気をつかませる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆こう言ういい方で話すと、生徒の心に伝わる!

063.gif指番号を直したい時(この指番号で弾くと、きれいな音で弾けるよ!)

063.gifペダル(ここでペダルを踏むと、音の響きがきれい!)

063.gifクレッシェンド(例ドレミファの場合・・・ファの音に向かって、気持ちを込めて

 弾いてみよう!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●楽想記号(用語)は、「絵文字」に直して書き込んでやると、わかりやすくなる。

 (例 dolce ドルチェ →053.gif

    sf  > →     )

 記号での表記で、同じ言葉でも表現の仕方が変わってくる。

    おはよう053.gif     おはよう
    おはよう     おはよう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆生徒が練習出来ていない時

063.gif練習の仕方を、生徒に見せる(練習の仕方がわからない生徒がいる)→その場で、

  練習する。

063.gif指番号を考える→弾きやすくなり、音の良さにつながる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
063.gifたまに、カキコしたノートを読み直すのも、いいなあ~と
  バインダーを手にしながら、電車の中で思った。
by youko-piano | 2011-04-27 01:20 | 研究会・セミナー・レッスン受講
ショックで、うつむいてしまいました。_f0163730_21545132.jpg

今日は、お隣の県のピアノ研究会に行ってきました。

いつになく、活発な意見が出ます。

その中で、ある先生が、

「最近の30代前半の親って、ここ数年、賃金がほとんどあがらない
 数万円しかあがらない家庭って、多いよね。

ちょうど、幼稚園児を持ってる世代。

家庭生活を送るだけで大変。

ちょっと弾けたらいいなあ~が
増える訳よ。

核家族化で、おじいちゃん、おばあちゃんからの子育ての助言もないし・・・。」
と・・・・・。

だから、その家の立場になって考えたら
なかなか高いレッスン代を提示しても、かわいそうだし・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
30代前半の年代について、もひとつ、身近にその年代はいないので
良く分かりませんが
「数万円しかあがらない家庭って、多い」と聞いて
え・・・世の中、そんなにひどい状態なの・・・・ショックでした。

おかげで、だんだん気分が沈んで、うつむいてしまいました。

自分の世代や、わが子の年代は、わかるのですが・・・・。
by youko-piano | 2010-09-14 21:55 | 研究会・セミナー・レッスン受講
コンクールで、ソナチネ・ソナタを弾く人がほとんどいない!_f0163730_0592078.gif
063.gif今日は、「ソナチネ」のセミナーに行ってきました。

063.gifコンクールの審査員として全国を飛び回っていらっしゃる先生。

063.gifその先生が、コンクールの審査をして、「特に最近、思うこと」を話されました。

063.gif全国的な傾向だけど、
  コンクールで、ソナチネ・ソナタを弾く人がほとんどいない。

  邦人か、近現代の作品が多い。

063.gifソナチネ・ソナタって、掘り下げていくと、本当にその奥の深さに
  この齢になっても、ワクワクすることあるし、おもしろいのにねえ・・・。

063.gif私、ソナチネ・ソナタって、奥が深い分、またいろんな出版社から楽譜が出ているだけに
  いろんな解釈が出来る分、怖い!んだよね・・・と心の中でつぶやく。
by youko-piano | 2010-08-02 00:50 | 研究会・セミナー・レッスン受講
063.gif先日、研究会で、私が作りかけている楽譜を見たM先生が
  見せて~ということで、ランチすることになりました。

063.gifランチやお茶をしながら
  「子供たち、この曲好きなのよね。
  『森のくまさん』」

063.gif「えっ!そうなんですか」と言いつつ、
  私の頭の中は、指使い、5指のポジションと違うし
  #も付くし、指広げもあるし・・・なんて思いながら
  でも、明るいテンポののりの良い曲だし、
  まねして、指を見て弾かせると、弾けるよね・・・なんて。

063.gif「この曲も加えて作れば!」とアドバイスいただいて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先生が生徒に弾かせたい曲と、生徒が弾きたい曲は違う!_f0163730_2214177.jpg
063.gif「うたえる!ひける!ピアノ曲集1 橋本晃一編」が
  お気に入りのM先生。

063.gif知っている曲が多いし、左手は、1小節に1音とか、
  数音入っている曲もあるけど、単純。

063.gifへ音記号の音符が読みにくい導入期の子供には、うってつけの本。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
063.gif帰りの電車の中、ふとこの本がよみがえる。

063.gif今日は、生徒の中に、年長さんが2人いるな!

063.gifまず私が弾かせたい曲をチェック。

063.gifそれから、幼稚園に通っているAちゃんとSちゃんに、
  好きな曲、普通、あまり好きではないの
  3種類のお返事してね!とさっそく聞いてみる。

063.gifえ~そんな曲が好きなんだ(驚き!)

063.gifこの曲、いい曲なのに、
  「あんまり!」
  え・・・いい曲じゃん、なんでえ~(がっくり)

063.gifああ、「先生が生徒に弾かせたい曲と、生徒が弾きたい曲は違う!」  
  あらためて、思い知らされました。

063.gif導入期・初歩の生徒には、弾きたい曲を聞いて、楽譜を見つけたり
  書いたりして、生徒の弾きたい!という意欲を引き出していきたいですね。
by youko-piano | 2010-07-09 22:46 | 研究会・セミナー・レッスン受講

素敵な人との出会い

063.gif昨日は、素敵な1日となりました。

063.gifゆっくりお話を伺いたいなあ・・・と思いながら
  でもお忙しいのに、ご迷惑になるのでは・・・とか、いつも気にする私です。

063.gifそんな中、思い切って、声をかけて、お会いできて、
  素敵な生き方に触れられて、お話を伺って色々と勉強になり
  深く実り多い1日となりました。

063.gif勇気を持って、声に出して、お願いして良かった!

人との出会いって、すばらしいなと思えた一日になりました。

063.gifそして、自分らしく、そして勇気を持って、前向きに生きていきたい!
  思えた、そんな素敵な日になりました。
by youko-piano | 2010-06-04 01:30 | 研究会・セミナー・レッスン受講
先生から生徒に、素敵な音楽のプレゼント!_f0163730_055723.jpg
063.gifピアノで、どどどど・・・・という単純な無機質な「ド」の音が鳴る。

  そこへ、「やわらかい綿毛を思わせるような伴奏」が加わる。

  そうかと思うと、怖い、おどおどしい伴奏へと代わる。

  いつの間にか、伴奏は、きらびやかで華やかな伴奏へと変身を遂げる。

  いつしか聞いている心は、その伴奏のとりこになり

  ひきつけられて、同化していく。

  音楽(伴奏)が盛り上がると、私の気持ちもハイになり

  落ち着いていくと、私の心は、おだやかなものとなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

063.gifピアノを習い始めたばかりの真っ白いキャンパスの子供。

  「ド」だけの世界でも、

  いろいろな伴奏をつけてやることによって、

  いろんな音楽の世界にいざなってやることが出来る。
 
  だんだん大きく、だんだん小さくなんて、言葉で伝えなくても

  傍で音楽=伴奏をつけてアーティキュレーションを伝えることによって

  自然に音楽を感じ取れ、「ド」だけでもいろんな「ド」に変身できる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

063.gifピアノを習い始めたばかりの真っ白いキャンパスの子供。

  不協和音だって、近現代の無機質なものだって、音楽だ。

  最初から、幅広く、好き嫌いで偏ったものをあたえるのではなく、
 
  いろんな音楽に触れさせよう。

  不協和音、近現代の今の音楽。

  気持ち悪いと思うようでは、ダメ!

  おもしろい!と感じる生徒にさせなければ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

063.gifピアノを習い始めたばかりの真っ白いキャンパスの子供。

  鍵盤の上で、自由に遊ぶことも教えよう。

  オープニング・エンディング・長短・移調・変奏、何だって出来る子に。

  楽譜どおり弾けるだけが、音楽じゃない。

  バッハの時代では、左手和音(何て言うんだろう?)が決まっていて、

  左手に合わせて、右手を自由に変える。。。そんな時代だったそうだ。

  今の時代とは、真逆!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

063.gifだから、コードを見ながら弾くのも

  それ以前に、耳から身につけておかないといけないこと。

  もっと小さいうちに・・・と言われてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

063.gif「こどものバイエル ミッキーといっしょ」 や 「バーナム」のディスクは

  近現代の音楽に、触れてほしい!という思いで、伴奏を練って、凝ったものになっている

  そうだ。

  さあてと、BGM代わりに、まず聞いてみるとしようか。
by youko-piano | 2010-04-28 00:56 | 研究会・セミナー・レッスン受講