人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日は、久しぶりにピアノのレッスンがお休みでしたので
ERIKO先生とぴありす先生をお誘いして、
ランチ(大阪駅近くのWAZA)に行ってきました003.gif

ERIKO先生は、昨日、名古屋で、セミナーとお食事。
それで今日も・・・。
お疲れのところ、快くランチに出掛けて下さいました。

ぴありす先生ともIsimine先生のセミナーを通じて知り合っての
お付き合いですが、今日も楽しくおしゃべりできました。

大阪駅は、用事がある時の通過点で、いつもはバタバタ歩くだけですが
大阪駅周辺で、こんなにゆっくり時間も忘れて話せて
美味しい食事に舌鼓できるところがあるのですね。

今日は、はじめて見るお店ばかりで、
目を皿のようにして、うきうきして見ていました。

今日は、楽しい時間に美味しい食事が出来て、気分転換になりました。
食べる事が大好きなので、またよかったら誘って下さい001.gif
by youko-piano | 2008-10-30 18:20 | お出かけ・旅行
先月、人間ドックに行って、送られてきた結果に
この症状が出たら、病院へ行って下さいとありました。

人間ドックで胃の検査をするためのバリュームを飲むだけでも
その後の体調がめっちゃ悪くなるのに
また病院!グスン。

仕方なく病院へ先週行って受診すると
「これ、胃の検査しないといけませんね」
えっ!

問診表には、告知の欄に、「告知してほしい」に〇つけました。
ここ1週間、パソコンで検索しては、いろいろなサイトを読んだり
悪い方ばかり思い浮かんで・・。

最近は、胃カメラも、口から入れて検査する方法と
鼻からカメラを入れて検査する方法と選べる病院が増えてきたそうです。
多くの人が、鼻カメラを希望するそうです。
カプセルを飲んで胃を検査する方法は、日本で解禁されているのか?
私の病院では、カプセルを飲んで胃を検査は、やっていませんでした。

検査日は、前日の夜9時以降、水以外は絶食です。
「おなかすいたあ~」

予約の時間に、検査の受付に行き、名前を呼ばれて
部屋に入り、コップに透明な少しとろみのある水みたいなのを飲みました。
空腹だったので、最初は甘く美味しかったのですが、だんだんまだ飲むの・・・と苦痛に。
それからまた別の部屋に移動。
今度は、リラックスできるマッサージ機のリクライニングのようなものに寝て
(寝心地が良くて眠ってしまいそう)両方の鼻の穴に液体のような軟膏のようなものを
看護師さんが1分おいては、3回入れられました。
全然痛くはないのですが、息を吸ったり吐いたりする時に、鼻に軟膏をぬった状態なので
違和感があるというか、鼻がムズムズ。

いよいよ胃の検査です。
またまた別の部屋に移動して、今度はベッドに横向きで寝て。
そこにお医者さんが登場。
今から鼻に入れるホースを見せて下さいました。
鉛筆より細いんですね。
そりゃそうだ。鼻の穴から入れるんだもんね。
長いゴムの先にカプセルがついています。

「さあ検査始めますよ!
体の中の画像、見れますからね!」
私、エ・・・・・!
右の鼻の穴から胃カメラのホースが入ったらしい。
違和感ないし、お医者さんの画像を見ながらの説明に
今、食道通過しましたよ。
胃の入り口ですよ!きれいですね!

私、鼻の穴から胃カメラが入っているのに、その感覚がなくて
普通に会話できます。
いろんな部位を胃カメラが探索して、最後までお医者さんが説明してくださって
異常ないですよ。

ホッ!
この1週間、悪い方へ考えていたので、一安心です。
それにしても、もし画像を見ながらお医者さんが説明されて
癌でも見つかった場合、患者がその画像を目の当たりにした時
どうなんでしょうねえ。

1人で来ていた場合、状況が受け入れられなくて、どうやって病院から帰るのでしょうねえ。
告知して下さいと問診表に回答したので、画像を見せられたのかなあ?
それとも画像は、問診表の回答に関わらず見るのかなあ?

病院からの帰りの電車の中でいろいろなことを思ったり考えたりしました。
告知!
簡単に「告知」と言っても、支えてくれる人がいないと、どうしようもない状態だと
分かった時、その後、前を向いて強く生きていけないような気がします。

ちなみに胃カメラ検査にかかった費用で支払いは、¥3710でした。
胃カメラ検査料金は、病院によって料金に格差があるそうです。
鼻から入れる胃カメラの検査、思っていたより楽でした。
ただ睡眠薬を使っているので、今日1日は車の運転は控えてくださいと言われました。
by youko-piano | 2008-10-18 00:54
今日、発表会にゲストとして出演していただいた
フルート奏者のTさんのライヴに、兵庫県の三ノ宮まで行ってきました。

途中、天王寺でお土産を買いに立ち寄る途中
ばったり大学で同じ授業を受けているIさんと出会いました。
ウフッ!
横には彼らしき男性が。
気をきかせて、挨拶も短めに・・・。
よく似合っている2人。
同じ大学かなあ・・・別の大学かしら・・・なんて
いろいろ想像を膨らませてしまいました(笑い!)

三ノ宮。
ちょっと気取ったお店が並んでいます。
時間という空間をゆっくり楽しめる、そんな雰囲気がして
私は好きな場所です。

さてTさんとIさんのフルート×フルート ライヴ
テーブルが置いてあって40席くらいでいっぱいになるライヴ専用の会場です。

学生時代にデュオを結成して活動開始して5年目。
数々のコンクールで賞に輝き、現在も演奏会を企画演奏しながら
引き続き、コンクールをめざして、がんばっている2人です。

ピアノ伴奏の人も上手で、3人がトークを交えながら、
時には笑いがあったり。
トークだけでも、へえ~と思ったり、面白いエピソードだったり
ユーモアがあったり。

皆さんが聞いたことがある有名な曲がほとんどでしたので
楽しかったです。
やはり知った曲が流れると、心が躍ります。

そういえば、この前の発表会が終わって車の中で
娘と今日の演奏曲目の話になって
「Kちゃんのあの曲、Kちゃんかわいそうだよ」
「エッなんで?」
「誰も知らない曲だし、長すぎ!
初めは、すごい。難しそうな曲と思ったけど、段々ねえ」
その曲は、生徒を出場させたコンクールでこの曲いいじゃん!と
私が発掘してきた曲でKちゃんに弾かせたい!とピントひらめいた曲でした。
そういえば、大学の学生の選抜で選ばれた子の卒業演奏会に
行ったことがありますが、そういえばあの時も
初めは、すごい。難しそうな曲と思ったけど、段々ねえ」

楽しんで聴きたいライヴや、発表会でも
主催者側の選曲の思いと、聴き手が望んでいる選曲とは
ずれがあるのかもと改めて感じました。

フルートだけでなく、オカリナやピッコロなどのさまざまな楽器を
使っての演奏は楽しかったです。

聴きながら、これ良いなあと思うと、次回の発表会の企画がどんどん浮かんできて
この前、発表会は終わったばかりなのに
うふふ。
でも思いついた企画はメモメモ。
また発表会やりたくなってきました。

知っている曲が多い。
かしこまらず、気軽に楽しんで聴けるコンサート、また行きたいです。
by youko-piano | 2008-10-06 01:29 | 発表会・クリスマス会・演奏会