人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0163730_39942.jpg


063.gif上記は、長瀬まゆみ先生が書かれた「ドレミファソで始める ピアノ・テクニックの本」

  ト長調の弾き方に慣れるための練習の終わりのカデンツを弾くところです。

063.gifこれを、今日で2回目レッスンになる保育園の先生が弾かれているものです。

063.gif短大時代は、適当にしかピアノを練習していなくて(在学中、結婚することが決まっていたので)

  そのまま結婚。

063.gif子どもが出来て、働きたいなあと思ったとき、保育士の免許を持っていたので

  現在、パートで保育園に、1日6時間勤めに行かれている方です。

063.gif今は、担当が乳児なので、ピアノは必要ないそうですが

  弾ける先生を見て、やっぱり保育園で園児が生活の中で必要な曲は

  ピアノを弾けるようになりたいと、私のところに習いに来られました。


063.gifやはり、大人の方なので、私も気遣いします。

063.gif言い方も、柔らか!

063.gif弾けなくても、言いにくい分、子どもにずけずけ言うのと違って

  後ろに一歩下がってみれます。

063.gifその成果、「ソシレ」の和音はつかめるものの、#ファの右手親指がなかなかその位置にこない。

063.gifまたドレも4と5の指で弾くので、3・5から4・5は難しそうです。



063.gif思った以上に、和音をつかんで弾く!ということは、難しいことなのですね。

063.gif普段、気にしなくパッと弾いてしまい、その弾きにくさが分かっていない私だったんだと

   つくずく思いました。
by youko-piano | 2009-06-28 03:30 | ピアノレッスン
f0163730_1552443.jpg
なんだか、自立の第1歩<初めて1人で映画館へ>なんてタイトルにすると
赤ちゃんや幼児ちゃんの自立の第1歩みたいですね(クスクス)

昨日は、息子の新居への引越しの日でした。
なんでこんな日に・・・。
普通は、そう思いますよね。

何でも自分で考えて行動する息子。
家に帰って来て、びっくりしましたよ。
自立している!!!
だって、洗濯から掃除から自分でし、「ごめん忙しくて・・今から急いで作るから」と
言った先に、「わかった!」と言いながら自分で冷蔵庫を開けて
さっさと手っ取り早く作ってしまいます。
極め付きは、アイロンかけ。

大学からの下宿生活、本当に自立した頼もしい大人になっていました。

引越し手伝うつもりが、荷物を入れて、あとはお父さんもいるし
映画見に行ってきたら!と。

迷ったあげく、今日は、息子が新居に荷物を引っ越した日=私が初めて1人で映画を見に行く自立した日。

これからは、自立していかなくては・・・。

映画館で「チケット」を買って、少しドキドキしながら、入場して席に着くと
ちょっと時代が違うご年配ばかりだけど
まあこれからまた夫婦2人きりになる訳だし、
まあそういう意味で・・・この映画。

1人で映画を見る。
思った以上に、誰に気兼ねなく、のびのびと自然体で鑑賞することが出来ました。

1人で気になる映画を見る。
いいものだなあと~。

f0163730_16565414.jpg
私の教室に、大学生と高校生の姉妹が来ていますが
そのお母さん、とても自然体でいきいき仕事も家庭生活もされている。
素敵な生き方をされている方です。

ブログに時々、お邪魔させていただいていますが
「自分ひとりで自分を楽しむことが大切」とブログに書かれています。

50歳で、下の子も大学を卒業。
これからは、好きな映画を見に行くことが出来たので。

次は、おいしく暖かい落ち着ける雰囲気を持った食事が出来るお店。

おいしいコーヒーがゆったりいただけるお店。

仕事や本をゆっくり読むことが出来るお店。

を見つけに出かけたいと思います。

先日には、「夫婦2人仲良く過ごしてくれるのが1番」とか、娘にも言われてしまいました。
親がいきいきしていることが、子供たちの幸せであり、自分の幸せなのかもと
感じるこの頃です。

自立、バンザイ!
by youko-piano | 2009-06-15 15:54 | 映画
f0163730_23533979.jpg





f0163730_235553.jpg






f0163730_23555520.jpg





f0163730_2356434.jpg

058.gif姪っ子が習っていたピアノの先生は、幼馴染みの信くんのお嫁ちゃんです。
  姪っ子の家に遊びに行った時、練習に付き合ったことがあるのですが
  「こりゃ大変だ!」と・・・。
  信くんのお嫁ちゃん、ピアノ教えるの、さぞ大変だろうなあ~と思いましたよ。

063.gifそんな姪っ子のブルグミュラーですが、
  部屋のリフォームに伴い、ちょいとブルグミュラーの本を拝借してきて
  写したのが、赤字で書いた、しるしです。
  <ここに写真として載せたのは、1部分だけです>

063.gifどうですか?この赤字の書き込み。
  ピアノ教室について行かないお母さんでも
  家に帰ってわが子の練習を見てやる時
  どこをどのように注意されたのか、よくわかる書き方だとは、思いませんか?
  また、姪の本に書かれてある字だって、きれいなんです。

063.gif私は、どう・・・・?と自分を振り返ってみると・・・・・。
  口で注意しながら弾かせるので、書き込みは少ないし、
  次回、その曲を見たとき、何を注意し直すんだったか定かでないし
  しるしはつけてあっても、何のためのしるし?
  あーーやばいやばい!

063.gifそれ以来、レッスンの気を引き締めたい時、この先生の書き込みの写しが
  「私のエール」みたいなものに、なっています。

  今では、この本、私の大切な楽譜の1冊になっています。
by youko-piano | 2009-06-12 00:34 | ピアノレッスン